So-net無料ブログ作成
検索選択

埼玉サイクルエキスポ2017に協力        埼玉支部

 2月25・26日の両日、さいたまスーパーアリーナで「埼玉サイクルエキスポ2017」が開催され、埼玉支部選手が協力した。
 「埼玉サイクルエキスポ2017」は2日間の来場者数が4万人という日本最大級の自転車の祭典でもあり、スポーツサイクルをはじめ子ども乗せ自転車、ミニベロ等あらゆる自転車やサイクルグッズが展示され、見て触って試乗もできるイベント
 ステージでは、テレビ埼玉で毎日放送している県内の公営競技番組「バッハプラザ」とコラボし、司会者と片折亮太、高橋広大両選手とで競輪の見所、面白さ、そして4月に開催される西武園記念の告知等を行った。
 ステージ上の「サイクルタイムトライアルで競輪選手に挑戦!」コーナーでは、観覧者の中から挑戦者を募ったところ、片折亮太選手の後輩で自転車部の高校生が名乗りを上げた。高校生は素晴らしいタイムを出したが、片折選手が後輩を上回るタイムを出し、先輩の意地を見せ、後輩に勝ててホッとした様子であった。
 競輪場と違い、自転車競技が好きな方、自転車部の学生等も来場していることから、選手は参加者の出すタイムに冷や汗をかきながらも、プロのプライドを賭け精一杯ペダルを回していた。

サイクルエキスポ2017 012.JPG

スノーライドin青森に協力     青森支部

2月12日、青森競輪場駐車場で「第3回スノーライドin青森」が実施され、青森支部が協力した。
選手は、ペダル無し自転車にソリを着けた未就学児対象のランバイク大会等では子ども達のサポートを行い、スノーラフティングでは子どもを乗せたボートをマウンテンバイクでひっぱり子ども達を楽しませた。また、大型スノーロープでチューブソリに子ども達を乗せるアトラクションにも協力した。
今回で3回目となる大会に、昨年楽しかったので今年も参加したという子どももいて、地域の方々に親しまれる大会となっている。
参加した選手は「子ども達の喜ぶ姿は見ているだけで自分自身も嬉しくなって自然と笑顔になります。雪の上をマウンテンバイクで走るのは体力も必要ですが、子ども達のためなら力も出ます」と話し笑顔を見せた。
この日協力したのは、髙谷雅彦支部長と、栗林巧、坂本毅、佐々木省司、岩崎将士、須々田大昇、工藤友樹、相馬竹伸、濱田瞳の8選手。
P2121938.JPG

自転車タンデム試乗会実施          鹿児島支部

 1月6日、鹿児島支部は、鹿児島県肝属郡肝付町にある子ども発達支援センターの子ども達を、南大隅町の根占ふれあいドームで行われたタンデム自転車試乗会に招待した。
 20名の子ども達が参加した試乗会。中には初めて自転車に乗る子どももいて、最初は緊張の面持ち。しかし、選手が声をかけ、息を合わせて一緒にペダルを回して、自転車が走り出すと、子どもに笑顔が見えた。自転車が好きな子どもはタンデム自転車に大興奮し、楽しくて仕方がない様子で笑い声が響いていた。
選手は子ども達をサポートし、いろいろ話しながら子ども達との交流を楽しんだ。
 「子ども達があんなに嬉しそうで、本当に試乗会を開催してよかったです、今後もやっていきたいと思います」と話した。
 この日協力したのは、大竹野裕樹、前田義和、竹野行登、大久保聡の4選手。


DSC_2097.JPG

記念競輪でチャリティーオークション       和歌山支部

1月8日から11日に67周年記念和歌山グランプリが開催され、和歌山支部が初日にチャリティーオークションを行い、記念開催を大いに盛り上げた。
 今年も多くの支部から選手の私物や競輪グッズなど様々な品物が集まった。
オークション当日は、あいにくの雨となったが、たくさんのお客様が集まり、グッズが提示されるたびに、ファンから  大きな声が飛び交い、大変な盛り上がりであった。その中でもイベントに参加していた京都の山本レナ選手のサイン入りグッズは大人気で数々のグッズの中でも高値となった。
 売上の7万2千円は養護施設の子ども達へのプレゼント等を購入する資金に充てることになっている。
 この日のイベントに協力したのは、前述の山本選手と岡田篤、椎木尾拓哉、小出慎也の3選手。
o0480027013841423354.jpg