So-net無料ブログ作成
検索選択

東讃満喫ツーリング ツール・ド・103に協力   香川支部

 11月6日、「東讃満喫ツーリングツール・ド・103」が開催され、香川支部が協力した。
 ツール・ド・103は東讃地方の瀬戸内海沿岸や里山の風景を楽しんでいただきながら走るツーリングイベント。休憩所(エイドステーション)では地元の食事等が用意された。
 当日は県内外から約350名が参加。ショートコース52㎞とロングコース100㎞で実施され、子どもから年配の方まで様々な方が東讃を満喫した。
 選手はガイドライダーとボランティアスタッフとして参加した。ガイドライダーは参加者が安全に走れるように目を配りながら模範走行に努め一緒に100㎞を走り切った。エイドステーションでは参加者に地元のお菓子などを渡しながら声をかけ、また逆に応援の言葉をかけられるなどもした。
 参加した選手は「アップダウンのある、なかなか厳しいコースでしたが、参加者の方々の走りにこちらも引っ張られる様な感じでした。事故もなく無事に終わってよかったです」と話した。
 今回協力したのは、児玉慎一郎支部長と吉田彰久、組橋一高、佐々木英之、大林亮介、清水邦章、清水通の6選手。
kagawa.JPG



ひまわりフェスタ2016に参加           京都支部

 11月5日、「2016ひまわりフェスタ」が向日市の障害者支援総合センターの乙訓ひまわり園・第2乙訓ひまわり園で行われ京都支部選手が参加した。
 園と地域の方々の交流イベントで、模擬店や空手の演武、タレントライブ、地元勝山中学校吹奏楽部の演奏などが行われた。この日は窓場加乃敏支部長と窓場千加頼選手が模擬店のおもちゃ金魚すくいを開店した。
 いろいろな模擬店が並ぶ中、多くの来場者がおもちゃ金魚すくいに挑戦。150名の方が金魚すくいを楽しんだ。1回100円で実施し、売上の1万5千円はこの施設に寄付した。
 なお、このフェスタには両選手の家族も参加し模擬店を手伝った。
20161105_kyoto kinngyo.jpg

ファンクラブイベント開催             香川支部

 11月3日、高松競輪場で高松けいりんファンクラブイベント「選手と一緒にTalk」が開催され、香川支部選手が参加した。
 このイベントには26名の方が参加した。まずは選手宿舎の食堂で選手と一緒に昼食を取っていただいた。食事の最初はファンの方も遠慮がちであったが、途中からファンと選手の会話が弾み賑やかな食事会となった。食事の後は検車場の見学。検車場は何をするところか、開催している時の様子を説明した。次は選手宿舎へ。普段は見ることのできない施設に興味津々で、選手に何人部屋なのか、どういうふうに過ごすのか等、次々に質問が飛び、選手は多くの質問に驚きながらも楽しそうに笑顔で答えていた。最後にジャンケンゲームでグッズをプレセント。色紙にサインをしたり、全員で記念撮影をしてイベントは終了した。
 参加した選手は「質問攻めでしたが、参加者のみなさんが競輪を愛してくださっていることが伝わって来て、本当に嬉しくて楽しかった」と話し笑顔を見せた。
 このイベントに協力したのは児玉慎一郎支部長と吉田彰久、池田憲昭、大西祐、戸田康平の4選手。
kagawa.JPG

向日市祭り2016に参加             京都支部

 11月19日・20日に向日町競輪場で向日市祭り2016が開催され、京都支部が参加した。
市民ふれあい広場、農業コーナーキャラクターショーなど様々なイベントが催される中、支部は19日に「補助輪はずし」を実施した。
 当日は雨の予報だったが、雨も上がり暖かな天候となり、20名の子どもが参加した。選手が子ども達に丁寧に指導し、手を貸したり、アドバイスをすると、子ども達は徐々に乗れるようになり、最後には本当に嬉しそうにぐるぐる自転車を乗りまわしていた。見守る保護者の方々も子ども達が自転車に乗れるようにようになると、とても感動した様子であった。
 また、金魚すくいや餅つきも行い、多くの方々に参加していただき、喜んでいただいた。
この日協力したのは窓場加乃敏支部長と武田哲二、川村晃司、村上博幸、四宮哲郎、村上義弘、稲垣裕之、小谷実、渡辺大剛、窓場千加頼、小笹隼人、山本レナ、田頭寛之、大石崇晴の13選手。

20161121 kyoto komanasi.jpg

ツール・ド・東北2016に協力        宮城支部

9月17日と18日、宮城県沿岸部で「第4回ツール・ド・東北2016」が開催され、18日に宮城支部選手がサポートライダーとして、またエイドステーションのお手伝いをして大会を盛り上げた。
 「ツール・ド・東北」は東日本大震災の復興支援と震災の記憶を残していこうと2013年から開催されている自転車イベントで、早く走ることではなく楽しんで走ることを目的としたファンライド。
 当日はあいにくの雨であったが、全国から約3500名が参加した。60㎞から210㎞の各距離ごとに設けられた休憩所(エイドステーション)で地元の特産品を味わいながら、東北の地を巡るライダー達。そのライダー達が安全に走行できるように選手は一緒に走りながら目を配りサポートした。
 また、エイドステーションでは、地元の特産品を手渡し、参加者と話をしたり励ましたりと交流した。
 参加した選手は「来年は選手会のブースを開き、競輪選手をアピールできる場にしたいと思います」と語った。
サポートライダーとして参加したのは小松剛之、阿部宏之、三浦翔大の3選手。またエイドステーションでサポートしたのは関戸努、佐藤拓哉、大内達也、阿部利光、鎌田聡の5選手。
miyagi.jpg