So-net無料ブログ作成
検索選択

地元イベント参加&記念競輪ファンサービスに協力    青森支部

 8月23日、JR青森駅前の新町通りで「しんまちふれあい広場」が開催され、青森支部選手が協力した。青森競輪のブースでは青森競輪場のマスコットキャラクター「葵萌輪(あおいもりん)」ちゃんの塗り絵コーナーに多くの子ども達が集まった。子ども達は真剣ながらも楽しそうにぬり絵に取り組んでいた。
 そして、毎年恒例の自転車で作るかき氷が登場。青森市内の養護施設へ寄付するために1杯100円でかき氷は振る舞われ、逞しい選手が漕いで作るかき氷は大人気で約130杯が提供された。
この日参加したのは、髙谷雅彦支部長と照井正浩、佐々木省司、栗林巧、相馬竹伸、佐藤和也、奈良岡彩子、濱田瞳の7選手。
 また、9月3日から6日の青森記念では、多くの地元選手が開催を盛り上げようと場内イベントを企画しファンサービスに努めた。まずは来場者のお出迎え、そして人気の自転車かき氷、ファンお待ちかねの選手グッズフリーマーケット、スピードを競うサイクルスピリットを実施しファンとの交流を図った。3日と4日には、イベントステージで地元選手と坂本勉氏によるトークショーも行われ多くのファンが集まった。
 青森記念競輪開催のイベントに協力したのは髙谷雅彦支部長と木村元信、磯島康祐、坂本周作、新山響平、根本哲吏、藤森茂樹、引地正人、濱田瞳、小泉俊也、清水一博、金野俊秋、髙橋潤、菅原洋輔、田畑英行、須々田大昇、栗林巧、佐々木省司、白川将太、三上隆幸の19選手。
aomori.JPG

自転車体験教室を実施した    神奈川支部

 9月11日、平塚競輪場にて神奈川支部主催の平塚養護学校自転車体験教室が実施された。
 今回で12回目を迎え、平塚養護学校の生徒38名と神奈川支部の平塚地区選手、関係者を合わせて約150人で行われた。
 当日は、関根幸夫選手の挨拶に始まり、ケイリン模擬レースなどバンク走行のデモンストレーション、選手と生徒による変わり種自転車乗車体験も合わせて盛大に行われた。
生徒の中には選手と汗びっしょりになるまで一生懸命にペダルを踏む生徒もいた。
 自転車体験後には、参加者みんなでバーベキューをお腹一杯になるまで食べて大満足の一日を過ごし、子ども達と選手は親交を深めた。
 この体験教室には三ツ井勉、遠澤健二、髙木隆弘、林雄一、尾崎睦の5選手ら総勢36選手が協力した。

kanagaw2.jpg

弥彦小学校で特別授業    新潟支部

  新潟支部は9月16日、弥彦村立弥彦小学校で、6年生86名を対象に特別授業を行った。先生となったのは川村昭弘、藤原憲征、関智晴、藤原亜衣里の4選手。
  特別授業はキャリア教育の一環として6年生の総合的な学習時間に実施されている。
体育館で実施された授業はストライダーで自転車に慣れてもらい、その後ピスト用とロード用の子ども用自転車でローラーの試乗体験をしてもらった。ローラー体験では選手から前後を支えてもらいながら自転車に乗っても、ローラーの上でバランスを取るのはなかなか難しくハンドルを取られ転びそうになったり脱輪しそうになったりして「競輪選手が一人でできるのはすごい!」「支えが無いと難しい」と選手のすごさに改めて感心し、スピードの速さにも驚いていた。生徒からの質問コーナーでは年収はいくらかという質問があり「年末グランプリでは1億円」と紹介すると生徒は驚いていた。
  最後に中学校に進学する生徒達に4選手から「チャンス」「未来は今」「前向きに頑張って」「嫌なことは後回しせずクリアして」と夢は叶うと心強いメッセージを贈り、生徒からは「素敵なメセージをもらい感動しました。今から頑張っていきたい」と眼を輝かせていた。
  最後に藤原兄妹は、「弥彦競輪場という恵まれた環境のもと、母校である弥彦小学校から、弥彦村出身の次世代を代表する選手が出てくるのを期待したい」と話していた。
Niigata P1100006.JPG

夏休みイベント大盛況     香川支部

  日本名輪会カップ吉田実杯&デイリースポーツ杯最終日の8月12日、高松競輪場では様々なイベントが実施される中、香川支部は夏休み特別企画「クワガタプレゼント&金魚すくいだ!いらっしゃい」と「第2回ストライダ―体験会」を開催した。
  このイベントが行われた中央スタンド南側チータカ広場横には多くの子ども連れが集まり、およそ競輪場内とは思えない微笑ましい雰囲気であった。
  ストライダ―体験会は11時から16時まで行われ、子ども達が次々に参加して途切れることなくフル回転で選手はサポートに追われた。しかしながら子ども達の大喜びの様子に選手達も嬉しそうであった。
  クワガタプレゼントは100枚の抽選券を配付し、その抽選券でガラポンに挑戦してもらい、50名にクワガタが当たるもので、行列ができるほどの人気だった。
  この日協力したのは組橋一高、佐々木英之、蓮井祐輝、宮﨑康司、木村浩宣、戸田康平、竹井史香の7選手。
kaqawa.JPG

サイクルエキスポ2016プレイベント参加    埼玉支部

  8月22日、埼玉県伊奈町にある県民活動センターで行われた「埼玉サイクルエキスポ2016プレイベント&けんかつ夏祭り」に埼玉支部の金子周一郎選手と新井剛央選手が参加した。
  このイベントは、毎年3月頃にさいたまスーパーアリーナで開催される「埼玉サイクルエキスポ」のプレイベントとして開催されている。また伊奈町のお祭りとも併せて行われるため、多数の地元の方が来場して盛り上った。
  この日のクイズ大会では、自転車に関わる健康、エコ、観光などをテーマに両選手が出題した。来場者からの答えは、正解は勿論のことながら中にはユニークな解答も飛び出し、会場が笑いに包まれる場面もあった。そして両選手は、競輪や競輪選手について、また開催の告知などPRも行った。
  また、サイクルブースでは、競輪場で行っているスピードを競うゲームとは違い、エコをテーマに自転車を漕いで電球を点けたり、何ワット発電出来るかなどのゲームが行われ、、多くの子どもたちが楽しんで参加していた。両選手も一緒に懸命になってペダルを回してパワーを見せるなどして来場者との交流を楽しんだ。

saitama.jpg

ホウフサイクルカップ開催       山口支部

  8月16日、防府競輪場で山口支部主催の「第2回ホウフサイクルカップ」が開催された。
  当日は夏休み中の小中学生の他、その保護者も合わせて約30名が集まり、親子自転車教室バンク体験走行にタイムトライアル、ストライダー体験等に参加した。
  また「自転車でかき氷を作ろう!」のコーナーでは、参加者自身でかき氷作りにチャレンジしていただき、作ったかき氷は自分で食べてもらうなどして大盛況であった。
  支部ではこのイベントを通して自転車競技や競輪に興味を持ってもらい、将来は競輪選手になりたいという子どもが増えればと考えており、これからも毎年続けていくつもりだ。
  この日参加したのは鈴木啓一支部長と内村哲也、内村泰三、井山和裕、隅貴史、沢田勇治、阿部充宏、石川修三、美濃英導、山内清美、清水裕友の10選手。

CIMG0547 ymaguti.JPG