So-net無料ブログ作成

小学生と交流     青森支部

 9月21日青森競輪場で、「ライドオンバイシクル2014イン縄文バンク」が開催され、青森支部として「競輪選手と楽しく走ろう!」と題したイベントを実施した。
 このイベントは、小学生を対象に自転車競技を普及させることを目的として実施されたもので、当日は、小学4年生から6年生までの36名とその保護者の方々が参加した。
 まずはバンク内をウォーキング。参加者は初めて入るバンクでカントの急角度にびっくりした様子で、バンクの上の方へ登り下を眺めたりして、その角度を確かめていた。その後、選手と一緒に昼食タイム。その際、子ども達から競輪選手になったきっかけや賞金の事などさまざまな質問が寄せられ賑やかな食事となった。
 昼食後はお待ちかねのバンク走行体験の時間。選手からのアドバイスを受けて、子ども達は持参した自転車に乗ってバンクを疾走した。バンクに慣れた所で、チーム対抗レースを実施。ここでは必死の表情でペダルを漕いで、周りから大きな声援が飛んだ。そして、選手が競輪模擬レースを披露すると、間近に見るその迫力に子ども達から驚きの声が上がった。
 の日協力したのは、髙谷雅彦支部長と小橋明紀、佐藤和也、木村元信、工藤友樹、栗林巧、藤森茂樹、三上隆幸、村上皇の8選手。
AOMORI  DSCN2406.JPG

地元イベント参加       岡山支部

 9月21日、岡山のライフスタイルマガジンPLUG主催の「PLUGNIGHT」が、岡山市のルネスホールで開催され、岡山支部が協力した。これはPLUGがこの秋に創刊10周年となることを記念して開かれたイベント。
 地元のグルメ店など様々なブースがある中、競輪の展示ブースでは「屈強な肉体美と躍動感を目の前に」というテーマで、選手がローラーを使ってパフォーマンスを披露し注目を集めた。
 参加したのは、内藤敦支部長と小林健、守谷陽介、守安政雄、工藤文彦、月森亮輔の5選手とガッツ玉ちゃん。
 イベント内で行われた岡山アワードには、三宅伸選手が参加した。
OKAYAMA.jpg

親子体験教室に協力     大分支部

 10月18日、別府競輪場では、別府市の南部地区公民館主催で地域教育力活性化事業「生き生き体験教室」が実施され、大分支部が協力した。
 体験教室には親子20組が参加し、選手が競輪場の施設を案内した。また、検車場では自転車の組立を実演すると子どもも大人も興味津々な様子であった。バンク内では、選手が周回練習を披露し、参加者はバンクを歩いてカントの角度を体験した。
 参加者からは、「近くにあっても入ったことのなかった施設でしたが、どんな所かわかって、興味深かったです」と話し、選手も「少しでも競輪を知ってもらう良い機会になったと思います」と語った。
 この日協力したのは、山本崇志支部長と木田庄太郎、菅原晃、栗駒匡樹、萱島大介の4選手。
img-X24112448-0001.jpg

ツール・ド・東北に協力      宮城支部

 東日本大震災の沿岸被災地を自転車で駆け抜ける「ツール・ド・東北2014」が9月14日、宮城県石巻市の石巻専修大を発着点に、石巻市・女川町・南三陸町、気仙沼市の4市町を巡る最長220㎞の4コースで開催され宮城支部選手が協力した。
 昨年に続き2回目の開催となったこの大会は、宮城県の被災地を自転車で走ることを通して再生への思いを分かち合い、復興の後押しをする輪を全国に広げて行こうという目的で行われている。今回の出場応募枠3000名に対して、約6000名の応募があった。順位やタイムを競わないファンライドで実施され、約20㎞ごとにエンドステーションと呼ばれる休憩所が9ヶ所設けられた。
 このエンドステーションで地域の方々と一緒にボランティアとして宮城支部選手も地元の特産品を使った料理を参加者に振る舞った。サポートライダーとして参加した選手は参加者と一緒に津波で被災した爪痕があちこちに残るコースを巡りゴールを目指した。
 参加した選手は「沿道では、仮設住宅の皆さんが笑顔で旗を振り、励ましの声援を送ってくださったのが印象に残りました。また今大会のキャッチフレーズ『応援してたら、応援されてた』の言葉どおり、被災者の方々を元気づけたいと思っていたら、至る所でこちらが励まされました。実は応援されていたのは自分達の方だった。という思いを強く感じました」と話した。
 今回エンドステーションに協力したのは、星進一支部長と三澤勝成支部長代行、細川陽介、太田貴之の両選手。サポートライダーとして参加したのは小松剛之、田雄三、鎌田聡の3選手と埼玉支部から松村悟、井上善裕、宮下貴之の3選手も駆け付け協力した。
miyagi2.jpg

自転車教室を開催    東京支部

 10月18日、立川市の曙運動広場において、自転車に乗れない小学生を対象に自転車教室が開催され、東京支部の南雲孝之支部長と佐藤真一選手が指導員として協力した。毎年20名前後の参加があり、大変人気のある自転車教室となっている。
 立川競輪場内でまずはスタンドの動かし方、ストッパーの外し方などの練習をして、それから場所を曙運動広場に移し、バランスを取る練習を何度も行った。徐々に自転車に乗れるようになった子ども達は公園を元 気に乗り回してた。
 自転車に乗り笑顔の子ども達に選手からも自然に笑顔がこぼれた。
13245 TOUKYOU SATOUSENNSYU.JPG

競輪場周辺を清掃     北海道支部

 10月20日、本年度函館競輪開催の最終日に、北海道支部は、お客様に一年間の感謝の気持ちをこめて競輪場周辺の掃除を行った。
 この日参加したのは俵信之支部長と大澤哉太、藤田篤、山口慎吾、笹冶稔、薮下直輝、大森慶一、竹内優也、盛田将人、田原大広、椿佳友の10選手、そして函館競輪場のキャラクターりんりん君。
清掃活動をしていると入場してくるファンの方から「御苦労さま」と声をかけていただいた。
 支部では、日頃から来場してくださる方にも、新たなお客様が来られても、いつもきれいな競輪場だと思っていただき、もっと遊びに来ていただけるように、清掃活動を続けていく予定だ。
HOKKAIDOU.JPG

地元の方々と交流      茨城支部

 9月27日・28日の両日、つくばエクスプレス・関東鉄道の守谷駅前において、毎年約8万人の来場者で賑わう「第31回守谷商工祭り~きらめき守谷夢彩都~」が開催され、茨城支部では競輪PRブースを出展した。
 ブースでは、2台の自転車によるスピードチャレンジの実施や、ネットライブ中継を利用して、当日開催されている実際のレースの解説会を行い1着当てクイズを実施した他、ポスター、ユニホームの展示などを行った。
 スピードチャレンジでは、2日間で延べ千人弱の方に挑戦していただき、中には、設定タイムに届かず、悔しくて何度もチャレンジする小学生の姿が目を引いた。
 ネットライブ中継を観戦しての1着当てクイズでは、青森記念、四日市ガールズ等のレースを実際に観ていただき大いに盛り上がりをみせた。
 この日は、坂巻正巳支部長と宮本秀人支部長代行、そして戸邉裕将、村田仁、小室貴広の3選手が参加した。
IBARAKIP9280253.JPG

車椅子を修理 長崎支部

 10月20日、長崎支部は、佐世保市中央福祉センターを訪問し、今年も佐世保市が庁舎内や外部へ貸出等で使用している車椅子の無償による修理を「すこやかプラザ」1階ロビーで行った。
 この活動は、自転車のメンテナンス技術をいかし、社会貢献をしようと言うもので、昨年に続き4回目となった。市民の中には毎年やっている事を知っていて、個別に車椅子を持ち込まれる方もあり、選手が快く修理に対応し大変喜んでいただいた。さらに今年は、市役所の昼休みの運動にと固定ローラーの体験会を行い、職員の方がスーツ姿で必死に自転車をこぎ興奮気味の様子だった。
 「支部では是非これからも可能な限り継続して行いたい」と語った。今回の活動には、阪本正和支部長と川﨑正安、野口誠一郎の両選手が協力した。
IMG_3992.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。