So-net無料ブログ作成
検索選択

車いすを寄付         神奈川支部

 2月12日、小田原・国際トラック支援競輪(GⅢ)において神奈川支部がチャリティーオークションを行い3万4千円を売り上げた。
 その売上金で車椅子2台を購入し、吉田支部長、對馬太陽支部長代行、小田原地区地区長の伊豆田浩人選手が、3月27日、小田原市社会福祉協議会を訪れ、車椅子を寄贈した。
 同社会福祉協議会の露木常務理事が「車椅子の需要は多く、大変ありがたいです。大切に使わせていただききます」とお礼を述べると、吉田支部長も「競輪が社会貢献出来て、大変光栄に思います。今後もいろいろな方面で社会貢献していきたいと思います」と答え、和やかな雰囲気で贈呈式が行われた。

小田原車椅子贈呈式.JPG