So-net無料ブログ作成
検索選択

ウィナーズカップ開催中にイベント実施      香川支部

 3月17日から20日、高松競輪場で行われた第1回ウィナーズカップにおいて香川支部では、開催を盛り上げるイベントを実施した。 
 4日間通しで行ったのが、スピードチャレンジ&グッズ販売、キッズバイク(ストライダー)体験会、競輪初心者教室。
 スピードチャレンジは200mタイムトライアルで実施し、設定されたスピードに挑戦して、自分の設定以上のスピードを出すと景品をプレゼントするもので、ロードレーサーと買い物用自転車を選んで挑戦。様々な年代の方挑戦してプレセントを手にしていた。また、選手がプロのスピードを披露すると驚きの声があがった。同じテントでは競輪グッズも販売した。キッズバイク体験会には多くの子ども達が参加し、選手はサポートをして子ども達に楽しんでもらった。競輪初心者教室では競輪にイロハを競輪リポーターと選手が一緒に説明して、来場者と交流した。
 また、最終日にはチャリティーオークションを行った。全国の支部や参加選手から提供していただいた品物をオークションにかけた。この日の売り上げは19万2000円となり、開催期間中設置されていた熊本地震義捐金箱への募金3068円と合わせて19万5068円となった。 
 このイベントに協力したのは佐々木英之、清水邦章、蓮井祐輝、川島聖隆、大林亮介、木村浩宣
福島栄一、福田博、大山泰伸、清水通、眞鍋伸也の11選手とアマチュア選手2名。
 なお、チャリティーオークション等で集まった19万5068円は3月24日吉田彰久選手が日本赤十字香川支部へ届け、熊本地震被災地支援金として寄付した。
image1.JPG