So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

埼玉サイクルエキスポ2017に協力        埼玉支部

 2月25・26日の両日、さいたまスーパーアリーナで「埼玉サイクルエキスポ2017」が開催され、埼玉支部選手が協力した。
「埼玉サイクルエキスポ2017」は2日間の来場者数が4万人という日本最大級の自転車の祭典でもあり、スポーツサイクルをはじめ子ども乗せ自転車、ミニベロ等あらゆる自転車やサイクルグッズが大集合し、見て触って試乗もできるイベント
 ステージでは、テレビ埼玉で毎日放送している県内の公営競技番組「バッハプラザ」とコラボし、バッハプラザの司会者と片折亮太選手、高橋広大選手と競輪の見所、面白さ、そして4月に開催される西武園記念の告知等を行った。
 ステージ上の「サイクルタイムトライアルで競輪選手に挑戦!」コーナーでは、観覧者の中から挑戦者を募ったところ、片折亮太選手の後輩で自転車部の高校生が名乗りを上げた。高校生は素晴らしいタイムを出したが、片折選手が後輩を上回るタイムを出し、先輩の意地を見せ、後輩に勝ててホットした様子であった。
 競輪場と違い、自転車競技が好きな方、自転車部の学生等が来場していることから、選手は参加者の出すタイムに冷や汗をかきながらも、プロのプライドを賭け精一杯ペダルを回していた。
サイクルエキスポ2017 012.JPG

スノーライドin青森に協力     青森支部

 2月12日、青森競輪場駐車場で「第3回スノーライドin 青森」が実施され、青森支部が協力した。
 選手は、ペダル無し自転車にソリを着けた未就学児対象のランバイク大会・もりんCUPウインターでは子ども達のサポートをし、スノーラフティングでは子どもを乗せたボートをマウンテンバイクでひっぱて子ども達を楽しませた。また、大型スノーロープでチューブソリに子ども達を乗せるアトラクションにも協力した。
 今回で3回目となる大会に、昨年楽しかったので今年も参加した子どももいて、地域の方々に親しまれる大会となっている。
 参加した選手は「子ども達の喜ぶ姿は見ているだけで笑顔になります。雪の上をマウンテンバイクで走るのは体力も必要ですが、子ども達のためなら力も出ます」と話し笑顔を見せた。
 この日協力したのは、髙谷雅彦支部長と栗林巧、坂本毅、佐々木省司、岩崎将士、須々田大昇、工藤友樹、相馬竹伸、濱田瞳の8選手。
P2121938.JPG

自転車タンデム試乗会実施          鹿児島支部

 1月6日、鹿児島支部では鹿児島県肝属郡肝付町にある子ども発達支援センターの子ども達をタンデム自転車試乗会のために、南大隅町の根占ふれあいドームに招待した。 
 20名の子ども達が参加した試乗会。中には初めて自転車に乗る子どももいて、最初は緊張の面持ち。しかし、選手が声をかけて息を合わせて一緒にペダルを回すと自転車が走り出すと、子どもに笑顔が見えた。自転車が好きな子どもはタンデム自転車に大興奮し、楽しくて仕方がない様子で笑い声が響いていた。
 選手は子ども達をサポートし、いろいろ話しながら子ども達との交流を楽しんだようだ。 
 「子ども達があんなに嬉しそうで、本当に試乗会を開催してよかったです、今後もやっていきたいと思います」と話した。
 この日協力したのは、大竹野裕樹、前田義和、竹野行登、大久保聡の4選手。

DSC_2097.JPG

記念競輪でチャリティーオークション       和歌山支部

 1月8日から11日に67周年記念和歌山グランプリが開催され、和歌山支部が初日にチャリティーオークションを行い、記念開催を盛り上げた。  今年も多くの支部から私物や競輪グッズなど様々なグッズが集まった。
 オークション当日は、あいにくの雨となったが、たくさんのお客様が集まり、グッズが提示されるたびに、ファンから多きな声が飛び交い、大いに盛りあがっていた。その中でもイベントに参加していた京都の山本レナ選手のサイン入りグッズは大人気で数々のグッズの中でも高値となった。
 売上の7万2千円は 養護施設の子ども達へのプレゼント等を購入する資金に充てることになっている。
 この日のイベントに協力したのは、前述の山本選手と岡田篤、椎木尾拓哉、小出慎也の3選手。
o0480027013841423354.jpg

クリスマスプレゼントを届けた           鹿児島支部

 12月25日のクリスマス鹿児島支部選手がトナカイとサンタクロースに扮し、鹿児島県鹿屋市にある「かのや乳児院」を自転車で訪れた。乳児院までの道中も自転車に乗るサンタクロースとトナカイの姿に道行く人から注目を集めていた。
 クリスマスプレゼントを持ったサンタとトナカイの訪問に子ども達は驚きながらも喜びいっぱいの様子。プレゼントを受け取ると笑顔を見せて嬉しそう。クリスマス当日ということで、選手も子ども達と一緒にケーキを食べて交流し、心温まるひと時を過ごした。
 参加した選手は「子ども達の可愛い笑顔に本当に心が癒される気がします。そしてこれからも頑張ろうという気持ちになりました」と話した。
 この日参加したのは大竹野裕樹、上吹越直樹、新納大輝、上吹越俊一、前田義和、竹野行登、川又裕樹、近藤悠人、大久保聡の9選手。
鹿児島 クリスマス.jpg

 キャリアチャレンジスクールに協力      埼玉支部

 12月23日、大宮競輪場で「親子で学ぼう キャリアチャレンジスクール(プロの競輪選手に会いに行こうクリスマス会)」が開催され埼玉支部が協力した。キャリアチャレンジスクールとは、小学4・5年生とその保護者の方が体験したことのない、いくつかの職業にチャレンジし、そこで体験した経験をヒントに親子で生き方在り方等を考えるというスクール。
 各学年に分かれ埼玉県警の婦警さんによる自転車交通ルール教室と選手のサポートで親子によるバンク走行体験を実施。交互にそれぞれの授業を受けてもらった。
 その後、選手宿舎、検車場、控室等を選手が案内して見学してもらった。再びバンク内に集まり、参加者は選手たちの周回練習、バイク訓練、競輪模擬レースを観戦した。模擬レース後は1着となった白岩大助選手の太腿に触ってみたいという方々に太腿に触ってもらうと、子ども達や保護者の方もその太腿の筋肉に驚いていた。
 閉講式の際に選手への質問コーナーが急遽設けられると「競輪選手にはどうすればなれますか?」「自転車で速く走しるのにはどの筋肉を鍛えればよいですか?」等専門的な質問もあり選手は真剣に答えていた。
 このイベントに参加したのは、前述の白岩選手と飯田威文、滝沢修、小沼良、宮下貴之、山中孝一、渡邊政幸、柿沼信也、相川巧、佐山俊樹、関口美穂、砂賀優徳の11選手。
saitama.JPG

児童養護施設の子ども達と交流   和歌山支部

 12月24日、和歌山支部が毎年この時期に開いている児童養護施設の子ども達との交流会を今年も和歌山競輪場で実施した。
 今年は毎年招待している「旭学園」に加え「こばと学園」の子ども達も招待し、合計17名の子ども達が参加した。
 選手は子ども達と一緒に走路を自転車で走ったり、自転車の乗り方を教えたり、またドッチボールなどをして子ども達と触れ合った。
 選手がバンクを疾走すると、時速60キロ超えののスピードで走るその姿を見た子どもは「すごい!」と手を叩いて喜んでいた。最後に子ども達にお菓子と自転車をプレゼントし交流会は終了した。
 参加した選手は「子ども達が嬉しそうで、こちらも嬉しくなり笑顔になりました」と話した。
 この日協力したのは、中畑正彦、布居寛幸、北浦弘幹、千原洋晋、西岡正一、川西亮介、椎木尾拓哉、中野彰人、藤田勝也、中野智公、石塚輪太郎、小林史也、中西大、小出慎也、日浦崇道、山本知佳の16選手と競輪学校の布居大地生徒、南潤生徒の2名。
和歌山.JPG

ランニングバイク選手権開催            鹿児島支部

 12月18日鹿児島県肝属郡南大隅町根占にある、根占ふれあいドームでランニングバイク選手権が開催された。2010年に始まったこの大会も今回で5回目となり、町のサイクルイベント実行委員会、地域住民と共に鹿児島支部選手が協力し大会を運営した。
 今回も2歳から6歳の幼児60名が参加。ベイビーの部、年少の部、年中の部、年長の部に分けて実施され、ベイビーのほのぼのとしたレースや、年長の白熱したレースなど様々なレースが繰り広げられた。
 緊張する子や、負けて悔しがる子、笑顔で楽しそうな子どもなど、子ども達の様々な様子が見られた。選手は「一生懸命に頑張る姿や笑顔の子ども達からたくさんの元気をもらえました」と話した。
 この日協力したのは、大竹野裕樹、上吹越直樹、新納大輝、上吹越俊一、近藤悠人、西村尚文、大久保聡の7選手。
鹿児島 ランニングバイク大会.JPG

立川記念でたい焼き販売            東京支部

 1月6日・7日、被災地支援鳳凰賞典レース開催中の立川競輪場で東京支部選手が特設ブースでたい焼きのチャリティ販売を行った。
 一つ100円で販売し、1000円以上お買い上げの方先着9名にはグランプリ出場選手サイン入りの「選手会東京支部オリジナルカレンダー」をプレゼントした。
 ファンの皆さんは選手に話しかけながら、温かいたい焼きを頬張っていた。両日で1000個を販売、お客様には募金もしていただき、総額10万5200円を選手会本部を通じて熊本市へ寄付した。
 このたい焼き販売に協力したのは、市川健太支部長と山崎充央、飯島淳、井上玲美、金辺雄介、板根茜弥、中村由香里、川上真吾、清水吉康の8選手。
東京.jpg

正月開催で餅つき大会実施           広島支部

 新春開運レース「2017オッズパーク杯」2日目の1月2日、広島競輪場では正月イベントとして支部選手による餅つき大会が実施された。
 開始前に、選手は一人一人今年の抱負を述べ、来場者から応援の声や拍手が起こった。
 餅つきでは、選手が代わる代わる力強く杵を振り下ろすと、見守る方々から掛け声がかかった。また、子ども達にも餅つきに参加してもらい、初めて餅つきをする子もいれば、毎年この餅つきを楽しみにしている子どももいて、選手と一緒に元気に餅をついていた。出来上がった餅はぜんざいに入れて、先着300名に開運ぜんざいとして振る舞った。
 この日参加したのは安田光義支部長と森江信行支部長代行、そして齋藤勝、工正信、小林豊、石黒健、中石昌芳、桶谷明誉、細田純平、和田誠寿、竹内翼の9選手。
HIroshima mochi DSC_0005.JPG
前の10件 | -